小学1年生

小学校1年生の今思う「中学受験」について

中学受験するか否かで家庭学習の仕方も変わると思って、ここ2週間ぐらいブログ村の中学受験のカテゴリに登録してみんなのブログをチェックしていました。

が、すでに心がざわついています。中学受験は修羅の道。軽い気持ちで足を踏み入れてはいけないなと学びました。

驚愕の塾代ですね・・・中学受験って、凄い世界だ!!

インターナショナルスクールに行ってる場合じゃない?!

息子は英語の幼稚園・英語の小学校と4年半英語の環境で過ごしています。

息子から「英語の小学校に行きたい」と言われた時に「この子に難関中学に行ける資質(地頭の良さと努力家か)はあるだろうか?」と考えました。

答えは「NO!!!」です。パパにも聞きましたが「無理でしょ」とさらりと言ってましたw

もし中学受験するならば、インターナショナルスクールへ行っている場合ではないと思ったのですが、幼児期の息子に難関中学に行けそうな資質は感じられませんでした。

やはりコツコツと地道に努力が出来る子じゃないと、中学受験は無理だと思っています。

それなら行きたい学校で、やりたい勉強をしたら良いと思って、インターナショナルスクールに行かせたんだったわ!!と今ごろ思い出しました。←

家庭学習

今の家庭学習の時間は宿題込みで、25分ー50分ぐらいです。これが限界で計算プリントを1枚増やしただけで、息子が感じるストレスが凄いらしく荒れ狂います。

はぁ…。

インターに行っている時点で中学受験は無理だと思うので、受験の事は考えずに授業時間が足りていない「国語」と、重要科目の「算数」を家庭学習でフォローしていく事にします。

のんびりやる事に決めました!その方が、私の心も穏やかです。

でもこの先も学年が上がるたびに、中学受験(英語受験含む)については考えたいと思っています。

子供の成長は早いですね → にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月〜14年3月生まれの子へ

-小学1年生

© 2021 英語キッズ Powered by AFFINGER5